International Taekwon-Do Federation Japan

スポーツ安全保険について

ここではスポーツ安全保険についての概要を説明しています。内容はスポーツ安全協会の資料を基にしていますが、ご不明な点につきましては、「スポーツ安全協会」又は「東京海上日動火災保険(株)」まで直接お問合せください。

制度の仕組み

スポーツ安全保険は(財)スポーツ安全協会が契約者となり、加入手続を行った団体の構成員を被保険者(補償の対象となる方)としています。東京海上日動火災保険(株)を幹事会社とする損害保険会社9社との間に、「傷害保険」及び「賠償責任保険」を一括契約した補償制度です。

わたしたちの場合、団体名は「テコンドーファラン黄道場」であり、その構成員にあたる道場生の方々が「被保険者」となります。

補償できる事故

スポーツ安全保険では、次の事故が補償されます。

@傷害保険
急激で偶然な外来の事故により被った傷害による死亡、後遺障害、入院、手術、通院を補償
※熱中症及び細菌性・ウイルス性食中毒も対象となります。

A賠償責任保険
他人にケガをさせたり、他人の物を壊したことにより、法律上の損害賠償責任を負うことによって被った損害を補償

B突然死葬祭費用保険
突然死(急性心不全、脳内出血などによる死亡)に際し、親族が負担した葬祭費用を補償

補償される範囲

日本国内での次の事故が対象になります。

@団体活動中
被保険者の所属する「団体管理下」における団体活動中の事故
※「団体管理下」とは、団体の活動計画に基づき、指導監督者等の指示に従って団体活動を行っている間をいいます。

(例)道場等での通常練習、自主練習(道場が自主練習時間として管理開放している時)、昇級審査、道場承認での大会参加、道場が主催する各イベントなど。合宿中などの場合は、旅行の全行程が対象となり、その間の休憩中なども含まれます。

A団体活動への往復中
所属する団体が指定する集合・解散場所と被保険者の自宅との通常の経路往復中

※自動車運転中の事故は、賠償責任保険の対象とはなりません。ただし、被保険者自身のケガは傷害保険の対象となります。

以下のような場合は、団体管理下に該当しないため補償されません

・任意で他団体や他道場の活動に参加する場合
・練習やスポーツ活動等を個人的に行なう場合
・学校管理化での活動を行なう場合

加入区分、掛金、補償金額について

少年部(中学生以下)と成年部では、掛金が異なります。
また、傷害保険、損害賠償保険、突然死葬祭費用保険それぞれについても補償金額が異なります。

【加入区分・掛金】

加入区分 対象となる団体活動 年間掛金
少年部会員(中学生以下) スポーツ・文化・ボランティア・地域活動 1000円/1人
成年部会員(高校生以上) スポーツ活動
スポーツ活動の指導
2000円/1人
  ※中途加入及び中途脱退の場合でも年間掛金を適用し、掛金の返戻はありません。
   また、年度途中での加入区分の変更はできません。また、この保険は同一団体で1口しか加入できません。

【傷害保険 保険金額】

加入区分 対象範囲 死亡 後遺障害
(最高)
入院
(1日につき)
通院
(1日につき)
少年部 団体活動中およびその往復中 2000万円 3000万円 4000円 1500円
成年部
  ※入院・通院について治療日数1 日目から補償されます。
  ※入・通院ともに医療費の実費ではなく、1日当たりの定額保険金が支払われます。
  ※傷害保険の詳しい内容はこちらをご覧ください。

【賠償責任保険 支払限度額】

加入区分 対象範囲 支払限度額
少年部 団体活動中およびその往復中 身体・財物賠償 合算1事故 5億円
ただし、身体賠償は1人1億円
成年部
  ※賠償責任保険の詳しい内容はこちらをご覧ください。

【突然死葬祭費用保険 支払限度額】

加入区分 対象範囲 支払限度額
少年部 団体活動中およびその往復中 突然死(急性心不全、脳内出血など)
葬祭費用 180万円
成年部
  ※突然死葬祭費用保険の詳しい内容はこちらをご覧ください。


ページトップへ戻る

Copyright(C) Tachikawa Taekwon-Do Club All Rights Reserved.